虫歯の最終段階、C4の状態は、歯の神経が腐っていて、歯が腐っている状態です。C3までならば自分の歯を残す治療で済みますが、C4まで虫歯が進行してしまうと歯を残すことができず、基本的には抜歯からインプラント、ブリッジ、部分入れ歯という形になってしまいます。部分入れ歯やブリッジならば、治療期間は4カ月程度、インプラントだと抜歯から半年以上もの治療期間が必要となりますので注意が必要です。

近年ではインプラントの技術も向上してきていますが、まだまだ発展途上の技術で、こちらは取り入れていない歯医者さんも多いという難点もあります。インプラントを考えているのであれば、あらかじめインプラントをしてくれる歯医者さんかどうかを調べておく必要があります。最近ではインプラントを専門としている歯医者さんもありますので、じっくりと検討してみることをおすすめします。川崎の歯科『武蔵小杉デンタルクリニック』では一般の治療も行っていますが、インプラント治療を主軸として行っているので専門的な知識も豊富で安心して施術を任せることが出来るでしょう。

基本的にCOからC4まで、5段階の虫歯には、それぞれ適切な治療が必要です。C3までならばなんとか自分の歯は残せるものの、C4にまでなってしまうと、自分の歯が残せないという事態に陥ってしまいますので、やはり治療は早めに行っておくべきであると言えるでしょう。なんだかしみるな、ちょっと痛いな、と感じたら、まずは診察してもらうことをおすすめします。そして、治療段階ごとで歯医者を変更するのが嫌な人は、一般治療もインプラント治療も安心して任せられる歯医者を探しておくようにしましょう。