COは要観察歯と呼ばれる、今後虫歯になる可能性のある歯を意味します。歯の表面はエナメル質によってコーティングされていますが、COの段階ではこれが少し溶けてしまっている状態となります。C1以降の段階に見られるような、しみたり痛んだりといった症状は無く、毎日の歯磨きによって治ってしまうこともあります。再石灰化が行われると溶けたエナメル質が戻るのですが、これにはフッ素が必要となります。近年では歯磨き粉にもフッ素が配合されるようになったため、歯磨きだけでも治る可能性がある、と言えます。

C1は初期段階の虫歯を意味しています。この段階では、エナメル質の下に隠れている象牙質まで被害が及んでいる状態で、ここから痛みを感じることになります。C1段階の治療としては、虫歯部分を削り取り、その部分にコンポジットレジンを詰める、という治療方法が一般的です。コンポジットレジンはすぐに固まる素材で、削り取った後にその場で詰め、1日で治療が完了することになります。C1までならば、治療をしないこともあり、治療したとしても短時間で終わるため、そこまで苦にはならないでしょう。これは虫歯に限った話ではありませんが、治療は早めに行っておくのが吉です。